安心してお飲みいただける安全なお水

ウォーターサーバーは安全で美味しく便利に利用できるお水だけれども、普通のお水よりもお値段がややお高いのではないでしょうかという声をよく耳にします。 しかし最近ではご家庭に置かれている方が多くなってきていることや、お手ごろなお値段のウォーターサーバーが多くなってきていることをご存知でしょうか。

コーヒーもOK!

コーヒーやお茶などのお飲み物を作る時にも、お料理を作る時や赤ちゃんの調乳など毎日の生活の幅広い場面でお使いいただけます。 お水の温度も80度~90度程度のものが多いので、冬場の寒い日にスープやコーヒーを入れる時などにも十分に使用できる温度になっています。

自宅まで届けてくれるミネラル分豊富な美味しいお水

女性に優しい設計になっているサーバーも多くなってきています。 機種によってはサーバーの下部にお水のパックを設置するタイプのものもあり、重たいお水を持ち上げる必要がありません。 また、超小型タイプのサーバーや1パック7Lと軽量のため小さなお子様や女性にも簡単に取り付けできるものもあります。

コストパフォーマンスはミネラルウォーターよりも上!

ウォーターサーバーというと以前は企業向けのものが中心で病院や会社などによく置かれているのを見かけました。
しかし、2011年3月11日の東日本大震災を契機として、それ以降家庭でウォーターサーバーの利用が増えていきました。
毎日の飲料水に安心して飲める安全なお水を利用するためには、ウォーターサーバーが適していたからのようです。
私達の日々の暮らしの中で安全な飲料水を求めるということは、安心して毎日の生活を送るための大きな要件になるのではないでしょうか。
そのような安全なお水を求める人の声に応えるのが、ウォーターサーバーの果たす大きな役割になると思います。
お届けされるお水は、それぞれの会社が責任を持って安全性を確かめたお水です。
安全性の確立こそがウォーターサーバーへの信頼性につながるものと、各社がそれぞれの方法で安全性の確立に力を注いでいます。
その土台となる日々のお水の品質検査に全力を注いで取り組み、徹底して安全性を追求しています。
また、厚生労働省や国際規格の認証等の取得にも力を注いでいます。
しかし、届けられたお水が安全で衛生的な状態であっても、サーバー自体が衛生的でなければ汚れたお水を飲んでしまうことになってしまいます。
そこで、サーバーを衛生的に保つために各メーカーでは様々な工夫がなされています。
外部の空気を取り入れてお水を出す方式のサーバーでは、空気中の雑菌を取り除くフィルター付きのもので入る空気を清潔に保てるような仕組みのものがあります。
また、使ったお水の量に合わせて容器が圧縮され、使用中のボトルに空気が入りにくいボトル圧縮構造の容器を使用する仕組みのものがあります。
その他、熱湯や紫外線などを使用して様々な方法で衛生的な状態を保つ工夫がなされています。

特に放射性物質に関しては、最近では調査している結果の数値等を、定期的にホームページで公開している会社もあります。


TOP